Welcome to my blog

椿の小部屋(つばきのこべや)

Article page

今更恥ずかしいけどラブプラスを乙女ゲーと比較してみる

ずっと気になってたんですよ…『ラブプラス』が。
だって凄い社会現象にもなったじゃないですか…男性声優さんもいっぱいやってる人いたしw

ついつい…買っちゃったのですよ~…中古で¥1,000くらいだったんで(^_^;)

どうせ573だし『ときメモGS』みたいなもんじゃね?ただのギャルゲーっしょ?
くらいに思って始めたんですけど……



軽い気持ちでやったら大やけどしますよ!!



ホント…危ない。あのゲームは危ない。
なんていうか…2,5次元?というかもう3次元?www
そんなわけで、乙女ゲーマーから見た『ラブプラス』のネタバレレポです!


ラブプラス

まずキャラですけど。攻略キャラが3人です。
というか3人しか名前のあるキャラ出てこないっぽいです。
左上が姉ヶ崎寧々で3年生のお姉さんキャラ、右上が小早川凛子で1年生のツンデレキャラ、下が高嶺愛花で2年生のお嬢様キャラです。

ちなみに主人公は2年生で顔など全く出てこず(プレイヤー自身なので)、名前も入力して573お得意のEVSでちゃんと呼んでくれます。変わった名前だと愛称になるっぽいですが。


まず、最初に凄いなと思ったポイント。

性格を自分の好みに変えているというところです!

これは今までやった乙女ゲーにはなかったと思います。
各3タイプずつあるので、攻略キャラ3人で少ないと思っていたけど実質9タイプいることになりますね。
性格で服装とか変わるし、話し方とかかなり変わるんでホントすげ~ですw

プレイはときメモみたいに進めていくんですけど、(パラ上げで行動、デート、告白の流れ)100日経過するまでに告白されないとバッドEDみたいですw

しかし…そこは乙女ゲーマーの意地を見せ……


nene (2)
もちろん初見で(取説見ずに)告白されました(笑)
正直愛花と迷ったんですが~タッチの差でねねさんに告白されたんで運命を受け入れましたw
この告白ですけど、一通り話が終わると「じゃあ、そっち行くね」と言って画面にぐっと寄って来ます。
これにもかなりびっくり…何か貞子のように画面から出てきたらどうしようと思っちゃいました(^_^;)


告白後、一度EDを迎えて彼氏ライフがスタートします。
リアルタイムでゲームが出来るタイプか普通にゲーム内の時間で進めて行くタイプか選べます。
ここが凄いと思ったポイント。

要するに朝やるとおはようの感じで始まって、昼は学校、メールしたり電話したり…まったく3次元彼女と同じような感覚で過ごせます。デートは休日に誘って時間に待ち合わせします。


nene (3)
朝のお迎え

nene (4)
登下校


デートではお触りをせがんで?くるのでタッチしまくりキスしまくりですw
こんな女子が現実にいたら恐ろしいです。恐ろしいまでに積極的ですwww
あと、キスの時に画面にいっぱいに寄ってくるので…なんだか恥ずかしいです。

さらに彼氏になると24時間彼女の様子を覗き見できるので…
nene (5)
ねねさんランチ中

nene.jpg
ねねさん就寝中


こんな感じで覗いてます。さらにこの時マイク使っておしゃべり出来ます。
まぁツイッターのbotくらいかみ合わない会話になりますが、凄いと思いました。


あとDSに一生懸命話しかけている自分が本当に怖いです(笑)



結果的に…『ラブプラスGS』が発売されたら…


少子化に拍車がかかると思いました\(^o^)/



スポンサーサイト

Category - ゲーム攻略と感想

0 Comments

Post a comment