Welcome to my blog

椿の小部屋(つばきのこべや)

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

私服月森くん進行中1~講座~

今回、いつもより詳しくアップしていこうと思います。
といいますのも…最近ピンキストが減ってしまったなぁと思いまして。
ねんどろとか色々増えたし、そもそも既製のもので満足しているということもあるかも知れませんねー。
乙女ゲフィギィアも昔より発売されることが多くなりましたしね。

寂しい…もっとカスタムピンキーが見たい!見たい!!w

ということで、新たなピンキストさん増えることを期待してピンキーカスタム講座っぽく。
ぽく…です(笑)


LEN_20130629170236.jpg
作る子がこれです。
ポーズもこんな感じにしようと思います。

len.jpg
用意したピンキーストリートのパーツです。
秋葉原のラジオ会館等でバラしたパーツの販売が現在ほぼないので、ヨドバシやネットなどで安く入手するのがいいと思います。
パーツの選び方は、襟元の形、顔パーツの目の形、靴のラインです。
他はほぼ関係ないので私は無視しています(^^ゞ

べすびやさん通販

これを
len2 (2)
この状態に。

は?って感じですよね。分かりますw
使用した道具はデザインナイフ、2ミリピンバイス、2ミリワイヤー、ニッパー、接着剤です。
デザインナイフ以外はダイソーで売っています。
一時期ピンバイスが売ってなかったのですが、最近また出回っています。
ニッパーや接着剤は普通のもので十分です。私はゼリー状の接着剤が好みです。





とにかくいらない部分を削り落します。
髪はほぼいらないのでごっそり。

腕は付け根を分割しておいて、ボディは平らに削ります。
腕を分割するのは難しいので最初はそのまま使ってもいいかも知れないです。

脚は真ん中あたりでばっさりカットして、ピンバイスで穴を空けてワイヤーで繋ぎ接着します。。(2ミリか1.5ミリがいいと思います)
個人的な好みで身長を伸ばしていますが、これも最初はそのままでいいと思います。
ちなみに見切れているほたるちゃんは身長そのままです。こんな感じでキャラの設定身長の差をつけます。

人によっては塗装をちゃんと落としたりするようですが、私はダイレクトにパテ盛します。
今までそれで困ったことは起こってないです。

len2.jpg

脚に角度を付けてパテ盛したところです。
顔パーツは頬と口を削って400番、800番の順でやすりしました。
このあと1000番で水砥ぎしてつるつるに戻します。

一番重要なのは脚の安定感。靴がぐらぐらしないようにします。
そのために脚の付け根(股関節)部分も一度カットしてワイヤーで繋いでいます。
腰が細すぎるのでパテ盛します。
特に男の子作る時は、腰回りが貧弱にならないように注意しています。

腕パーツはなんとなくはめている状態です。




タミヤ TAMIYA フィニッシングペーパー P400番

パテはこれしかほぼ使わないです。
軽くて、削り易く安価です。ただ落としたら割れることもあります…。

タミヤのやすりは(荒)180、320、240、400、800、1000(細)を使っています。
これはもう好みでしょうね…どこまで丁寧に仕上げるかによるので。
私はデザインナイフでざっくり削る→180か240で形を作る。という使い方をしています。
色々試してこれに落ち着きました。



パテ盛する際にこういうヘラがあると便利です。
あとつまようじなんかも使います。



パテは素手で扱う派ですが、必ずヴァセリンを指先に多めに塗ります。
じゃないとくっついて大惨事になりますw
ヘラや時には顔パーツにも塗ります。ヴァセリン大活用です。

とにかく道具はですね…ダイソーとヨドバシ(お近くにあれば)でほぼ見つかると思います。
面倒でしたらネットで。ヨドバシとあまぞんはほぼ送料無料で買えますのでw
塗装道具が高いので、初期費用は¥5,000~¥7,000くらいですかね。


あくまでも自己流なのでお恥ずかしいですが、趣味範囲で楽しむ感じならこれで十分かなぁと思っています。
他の方がどんな風にされているのか私も気になります…w


続きは次回…。


スポンサーサイト

Category - カスタム関連 道具・講座

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。