Welcome to my blog

椿の小部屋(つばきのこべや)

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

私服月森くん完成~講座~

2013_08_23_1414.jpg
(※下の画像から一部塗装修正してます…塗り忘れ後日発覚w)

完成しました!
まずはダダダーと画像で…

len12 (2)
len12 (3)
len12 (4)
len13.jpg
len12.jpg

自分としては…8割くらいの満足度です(^^ゞ
アイリペは可愛く仕上がったかなと思います。
なぜ100%じゃないのに良しとするのか?技術が追いつかないからですw
塗装中の写メを撮るのは困難なので、口頭での説明になります。
すいません…。

塗料や筆に関しては講座の3回目でお話したので割愛。
なのでざっと注意点というかポイント。

まず初心者の方は塗料を多く出し過ぎてしまうと思います。
ダイソー使い捨てパレットのひとつの丸の区切りにいっぱいに色を作ってしまうのは多すぎです!
高さ…3ミリ程度で十分。それで髪の毛全部塗れる位です。
ちなみに私は基本2度塗りです。
一度にたっぷり塗るよりも、薄めに塗って完全に乾いてからもう一度塗る…のほうが綺麗に仕上がると思います。
パレット
汚いですがこんな感じですw

Mrカラーはそれこそ様々な色が発売されていますが、ほとんどそのまま使うことはありません。
あれは元々ガンプラや模型向けのものなので、フィギュアなどの多種多様な色は混色するしかないです。
それこそそのまま使うのは白、黒くらいですね。
混色のコツですが…これはもう経験としか言いようがないんですよね。日々精進(^^ゞ
ただこれは筆塗りの場合であって、エアーブラシは重ねて塗装など出来るのでまた違うと思います。
エアーブラシ未経験なので分かりません…。
タミヤ エアーブラシシステム

例えば、月森くんの髪ですが「黒」「白」「色の源シアン」「ライトブルー」を使用しています。
白は他の色に易々と負けてしまうので、黒やシアンはほんのちょっと…1滴づつ混ぜて様子を見ます。
上着の色は「白」「サンドイエロー」「濃緑色」です。
だいたいこんな感じで3から5色くらい混色しています。
所持しているカラーの種類ですが30から40くらいだと思います。
濃緑色や紫などの比較的暗い色であっても、自然さを出すために黒をほんの気持ち混ぜると落ち着いた感じになります。
逆にポップな感じにしたければ、原色で塗るのもありかも知れないですね。


こういった塗装する時の道具も発売されています。
私は割り箸を削ってちょうど良い太さにして、パーツに刺して使っています。


仕上げはいつもつや消しなんですが、半光沢や光沢のタイプもあります。
これはお好みですかねー。
つや消しはなんとなく色が薄めになる仕上がりです。紗がかかるみたいな。
あと、絶対雨の日に吹いてはダメです。真っ白になって泣きますw

塗装の一連の流れをお話しました。
これで、月森くん講座シリーズ完結です。ありがとうございました!
少しでも興味を持って頂けたら幸いです。

元パーツ
len.jpg

お恥ずかしいですが月森くんの軌跡
画像 595
2008年版(これも二代目だと思います。改良したのかも?)
画像 860
2009年版
tsukimari (3)
2009年版を改良。演奏verに取り組む。

多少なり、技術が身についてきていると信じたいです(笑)
スポンサーサイト

Category - カスタム関連 道具・講座

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。