Welcome to my blog

椿の小部屋(つばきのこべや)

Article page

「遙かなる時空の中で6」感想

遙かなる時空の中でシリーズ15周年おめでとうございます。
15周年記念作品を15周年の記念の日にクリア出来るとはなんたる運命。
無事、全員EDまで辿りついたので感想。(ネタバレ有)

だいたい総プレイ時間70時間。
1周目が18時間半。新規部分ボイス飛ばしなし。
2人目からは分岐セーブからプレイしたりしたけど、結局「はじめから」でプレイしたのは4回です。
ボリューム的にはボイスを飛ばさなければ一般的なネオロマの長さかな?
ボイス飛ばしたり既読スキップ使えばあっという間かもですね。
イベント・スチルはなんとかフルコンプしたけど、怨霊札が埋まっていません…。追々埋めます。

【全体の雰囲気とシステム】
Vita版購入したのでとにかく映像は最高。音もいい。
PSPにあるのかどうか分からないけどVitaの3D音声(ダミヘ)は凄く良かったので今後のネオロマに取り入れて欲しい。
PSPは音響が酷い(ジージー言うロード音)のでネオロマもVita参入してくれて本当に良かった。
特典のカスタムテーマも本当に可愛い。
とにかくVitaで発売すること前提なもんだから、タッチパネルを使うような戦闘になっている。

今作は個別章立てではないので、序章から終章まで共通シナリオ。
途中の章からやり直しが出来ないので少し大変。
遙か無印・2と同じような仕組み。クイックセーブロードがあるからしんどくはない。
序章、1章(鬼と同行)、2章(間章)、3章(帝国軍と同行)8/7分岐、4章(間章)、5章~終章っていう感じです。
1章と3章が長くメインのやり込み章ですね。
駆け足な感じでもったいなかったので、5章がもう少しじっくりやりたかったなぁという感じです。
プレイする順番としては、青龍か朱雀の誰かから始めるといいような気がします。間違っても玄武からやっちゃダメ絶対(笑)

【とても良いなと思った点】
黒龍の神子という新しい切り口だったこと。
そのおかげで今まで白龍の神子の気持ちに寄り添って来たユーザーが、白龍の神子を客観的に見ることが出来、より深く対の神子の心情を知ることが出来た。
原点回帰がテーマの一つになっていると聞いていたけれど、シリーズ通してプレイしているファンに沢山懐かしさや心に刺さるようなエピソードが盛り込まれていたこと。
シナリオが上手く終着点に辿りついていたこと。欲を言えばもう少し深く掘り下げて欲しい部分があった。

【ちょっと残念だった点】
ラスボスキャラクターのことを好きになれるエピソードがなかった(個人的に)
八葉が揃ってからのシナリオが短く、キャラクターの絆みたいな部分に物足りなさがある。
梓の現代の背景がコルダASの仙台背景の使い回し。


【キャラクター別感想】
おおよそプレイした順番で書きます

・秋兵(地朱雀)
色々と突っ込みどころが満載な秋兵。怒涛のシベリア攻撃。
こういうエスコート系男子でテンション高めキャラは少し苦手なのでした(^^ゞ
シナリオは悪くなかったし、涙を誘うようなエピソードもいくつかありましたけど…。
花火と夜の動物園のエピソードは好きでしたね。
父子で向き合うのがもう少し早ければこんなことになってなかったのではと思わなくもないです。
エピローグはちょっと衝撃でした…。
バルコニーとか、ちょいちょい出て来るものまねシリーズ楽しかったですw九段さん結構好き。

・コハク(天朱雀)
生い立ちや境遇がとても切ないキャラクター。
その重い境遇とはうらはらに明るさに救われます。
2章は特に梓にとってしんどいストーリーだったけどコハクのおかげでなんとか日々を過ごせたような気がします。
いつもコハクに助けられ守られてきた梓が、ラスト自分を犠牲にするところは本当に辛かった…
二人の相手を思いやる気持ちがとても尊いなと思いました。
少し切ない感じのエンディングではあったけど、私はあの二人なら明るい未来があると信じています。

・虎(地白虎)
ワイルドセクシー系と見せかけて実は可愛いっていう最高のパターンですね。
ワイルド系には全然興味がないので本当に有難いw
虎はとにかくシナリオが良かった!
お金溜めてる理由の件とか、そこからの成り行き。
卵焼きの一連の流れが本当に好きです。アグレッシブな味わいって表現する梓可愛い。
ハイカラヤでバイトするのも楽しかったなぁ。
それと川イベからの朝帰りエピソードが凄く良いです。私の虎好感度が急上昇しましたw
極めつけがラストの黄泉比良坂…涙が止まらなかった。
虎梓お幸せに!

・ルードハーネ(天白虎)
美味しい要素(物理)とトキメキ要素がたくさん詰まったルードくん√。
刺繍ハンカチとか、
ダリウスに嫉妬するところとか、
呼ばれたら実は走って来てたところとか、
他にもたくさん!
それと他の蠱惑ファミリーの√でのルードくんが凄く好きでした。虎の時も、コハクの時も。
特にダリウス√のルードくんは最高だった。
白虎は二人とも自分自身の未来への可能性を見出して行く感じがとても良かったです。
もしFDが出るなら生い立ちの部分掘り下げて欲しいと思いました。
余談ですが、ルードくんのせいで週数回ポタージュを作っています。ハマってしまった(笑)

「こういうのを可愛いと言わずに何を可愛いと言うんですか」そのままそっくり返したい。

・有馬(天青龍)
青龍は最後まで取っておくつもりが我慢できずにここで有馬。
歴代天青龍の中ではダントツでイケメンかも知れないですね。(性格)
結論から言って一番好きなシナリオだった。
ちなみに次点では虎シナリオが好きです。
遙か6における天青龍のシナリオってどんな感じなんだろうかと思っていましたが、まさかの展開でした。
ちょっとホラー感あったけど凄くわくわくした…
(お前の幼少期の友達そいつかよっていう突っ込み入れたのはヒミツです。)
お互いに命を賭けて助け合うところがとても良かった…
自分を失うことを恐れず相手を助けようとする潔さが尊いですね。
凌雲閣で秋兵が「君のいるところに我ら隊の心臓がある」って言ったところは秋兵の一番好きな台詞かも知れない。
ラストでみんなが応援している微笑ましさとか、本人はもの凄く鈍感なところとか私は好きでした。
まさにそんなあなただから…っていう梓の気持ち凄く分かります。
ワルツを踊るシーンの二人の初々しさとか、約束のエピソードとか堪らないものがありました。ふふ…
有梓最高でしたありがとう。
それから友部、良かったね!

余談ですが、弥陀ヶ原は富山県のようなので聖地巡りは大変ですねw

・村雨(地玄武)
煙草と珈琲の香りがするシリーズ八葉最年長キャラクター。
大人の男ってやつですね!
プレイ前はかったるい系のカフェ店員かと思っていたんですが全然違いました(^^ゞ
むしろ熱かった…5の高杉と似ているところがありますね。
花火のイベント好きなんですが、某ときめくゲーム思い出しましたね。なんてベタな展開…
村雨√の梓はマッサージやらクッキーやら割とぐいぐい行くので楽しいです。もっとやれw
全体を通して熱い展開でラストも話に引き込まれる感じがありました。
エピローグは民衆と共に歩みたいという村雨らしく人前式みたいな感じでしたが、自分だったら恥ずかしくて堪らないので耐えられないと思います(笑)

・九段(天玄武)
本当に純粋で、ただ真っ直ぐに神子二人を守りたい、帝都を守りたいという気持ちが眩しい九段さん。
九段さんの優しい嘘がとても切なくとても好きでした。
「たゆまぬ努力をすれば未来は変わる」という台詞、歴代の星の一族に伝えて欲しい。
京和菓子イベントとドレスイベントが本当に可愛かった。いやもう全てが可愛かった…。
想像の範囲のこともあったし驚くような展開もあって、気持ちがあちこちに振り回され何だか時空を旅してきたようなそんな凄まじいシナリオでした。良い意味で。
星の一族と対の神子との絆、ラストで四神召喚する八葉の絆、全てが素晴らしかった。
この3人組本当に可愛くて愛おしい…。
九段√は別格で、もうこれは遙か6という作品を越えて遙かシリーズとして素晴らしいシナリオだったんじゃなかろうかと思います。
途中、殺意が芽生えるけれど…いや、その殺意は消えてはいないんだけど、最終的に3人が幸せならもうそれでいいかと思うしかない。私を浄化して下さい千代ちゃん(笑)

・ダリウス(地青龍)
メインシナリオっぽいなと思ってトリにしていたダリウス。
性格的には地青龍っぽさがなんとなく薄いような…革命という部分はそれっぽいかな。
コハクやルードに対するパパっぷりとか梓に対してベタベタに甘やかす感じとか、1章は本当に楽しくて…
その分1章ラストから2章がもの凄くしんどかった…。
愛宕山事件は私もなかなかゆるせなくて、仮にどんな狙いがあっても許すまじって思っていました。初めは。
3章で軍と同行している期間なかなか会えなくて、それどころかイベントも全然まともなのがなくてもやもや。
花火夜からの分岐イベント、湖事件とても好きでした。
湖事件で完全にああもうこれあかんやつや…と確信しましたw
仮面事件は予想通り過ぎて腹立ったくらいでした(^^ゞ
2度目の黒麒麟召喚で、梓が本当の意味で最初の事件を許せたんだなと思って胸が熱くなりましたね。
ラストで破滅を呼ぶ神子、がそういう意味として意味をなしてくるのかってことに耐えられなかった。
本当にそこが一番辛かったですね…。
(この部分のフラグがまさか大団円に繋がるとは思っていなかった)
ダリウス√ではルードくんが輝いていてとても可愛かったです。蠱惑ファミリーの花火も毎回楽しかった。
FDが出てもう少し細かく掘り下げてくれたらもっと好きになれるのではないかと思います。
もう少し鬼のストーリーとか丁寧に描いてくれたらよかったのにと思わなくもない。
仮面とか急過ぎてね(^^ゞ

【総評・大団円】
大団円ではさほど驚く展開はないのですが、最後のスチルが最高なので是非見て欲しいです。
このスチルのグッズ出たら無限に買いそうで怖いですw
あとダリウスの台詞が「希望を呼ぶ神子殿」になっていて、これはここまで帝都を救って来たユーザーへのご褒美かなと思いました。本当に嬉しかった…。
今までの遙かシリーズと少し雰囲気が変わった遙か6。
なんとなくお洒落感が強いし、今までより糖度も高い。
私はとても楽しめたし、今後も展開があればいいなと思います。
本命はダリウス、有馬、虎の順です。ダリウスは総合的に一番好きです。
これからCD等じっくり聞こうと思います(^^)

【九段の八葉説明の台詞メモ】
天青龍:巽…自由な風
地青龍:震…激しさを持つ雷
天朱雀:離…美しさと高みを目指す火
地朱雀:坤…万物を生み育てる大地
天白虎:乾…正義感と強さを持つ天
地白虎:兌…人を喜ばせ潤す沢
天玄武:坎…自在に姿を変える水
地玄武:良…静かに構える山

遙か6攻略メモ(好みの場所・強敵場所・聖地・回想録)
凌雲閣のペーパークラフトとシベリア
スポンサーサイト

Category - ゲーム攻略と感想

0 Comments

Post a comment