Welcome to my blog

椿の小部屋(つばきのこべや)

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

遙か祭2016 いろいろな想い

遙か5、6のオンリーイベントとしての遙か祭。
5のオンリーイベントとしては2012年以来なので4年ぶり。
そして、6の初めてのオンリーイベントでもありました。

201603 (5)
201603 (3)
201603 (2)
ロビーの恒例のバナー
201603 (1)
友部にスタンド花が3つも来ている事件…うち一つ(左)は友人の主催でした。愛だねw
201603 (4)
5・6オンリーなのに何故か遙か4のグッズまで発売されるという…千尋充過ぎて幸せ。
ルビパガトーのたっぷりセットのフレームクロックがとても素敵です。遙か4、5のカード付いているもの。
ポスカサイズなのでお手持ちの遙かカードどれでも入れられます(^-^)
桜智さんのコースターとても待っていたから嬉しい。素敵に飾りたい。


感想的なもの。
土曜日昼公演、日曜日昼夜公演の参加でした。
ドラマ部分がかなりたっぷりだったのでライヴ部分は6曲とやや少なめ。

楽しかったことも沢山あるけど、ノブが参加出来なかったことと鈴、安元氏が1日しか参加できなかったことで八葉が揃っている感覚があんまりなかった。
せっかくのオンリーイベントで、次が何年先か分からないのでこのことが悔やまれます・・・
神子二人が土曜日来てくれたことは本当に嬉しかった。
でもやっぱり両日…神子がいるのといないのではドラマの雰囲気が違ってしまうので残念。

ドラマ自体はゲーム本編にはあまり関係がなく、100遙みたいなifストーリーでオムニバス。
これは上手く繋がっているしそれなりに面白い内容だったと思う。
ラブメッセージもちゃんと公平に1回ずつあって良かった。
残念に思ったのはライヴ部分がバランス悪くなってしまったこと。
キャストが両日揃っていたらもう少し違ったのだろうと思う。
地朱雀の不在をおいておいても、歌えるデュエットが限られてしまった。
次回は5デュエットも八千代だけじゃなくまた聞きたいし、ダリウスのソロが聞きたいです…(^_^;)
神子デュエットもせっかくイベントCDだったし2回あれば良かったと思う。


土曜昼
1.「八千代ノ華」 小松帯刀&福地桜智(立花慎之介&竹本英史)
2.「贐ノ風」 有馬 一(寺島拓篤)
3.「時空のゆりかご」 八雲 都(斎賀みつき)
4.「天空ノ糸~光芒~」 チナミ&マコト(阿部 敦&加藤将之)
5.「戀文綴り」 萩尾九段(四反田マイケル)
6.「Seasons~遙かなる空」 高塚 梓&駒野千代(斎賀みつき&高橋美佳子)

土曜夜
1.「The sun of silence ~沈黙の太陽~」 アーネスト・サトウ(四反田マイケル)
2.「天空ノ糸~光芒~」 チナミ&マコト(阿部 敦&加藤将之)
3.「時空のゆりかご」 八雲 都(斎賀みつき)
4.「不可欠ナ理由」 ルードハーネ(立花慎之介)
5.「風旅人 ‐名も無き風の如く‐」 桐生 瞬(寺島拓篤)
6.「恋祭」 コハク&本条政虎(阿部 敦&竹本英史)

日曜昼
1.「時空ノ旅 悠久ノ恋」 コハク(阿部 敦)
2.「贐ノ風」 有馬 一(寺島拓篤)
3.「咲かない花」 里谷村雨(安元洋貴)
4.「TiGER」 本条政虎(竹本英史)
5.「Good-bye My Beloved Princess ~冬の桜~」アーネスト・サトウ(四反田マイケル)
6.「昏キ帝都ノ終末ニ」 ダリウス&ルードハーネ(鈴村健一&立花慎之介)

日曜夜
1.「不可欠ナ理由」 ルードハーネ(立花慎之介)
2.「The sun of silence ~沈黙の太陽~」 アーネスト・サトウ(四反田マイケル)
3.「時空を越えし約束」 坂本龍馬(鈴村健一)
4.「八千代ノ華」 小松帯刀&福地桜智(立花慎之介&竹本英史)
5.「時空ノ旅 悠久ノ恋」 コハク(阿部 敦)
6.「真秀呂場へ向かふ路」 有馬 一&里谷村雨(寺島拓篤&安元洋貴)

こうやって見ると5と6のバランス自体は取れてはいるんだけど、ん~…なんだろう。
なんか5も6もどちらに対してもすっごく満足しました!感があまりない。
正直、9月の遙かライヴとか昨年の遙か15周年祭の方がどっしりした内容だった気がします。私だけかな?w

6はFDが冬に出るらしいので、それも楽しみだしまたオンリーイベントも開催してくれるかな?と期待して待っておくことにします。
次に期待出来るという素晴らしさもありますよね(^-^)



今週末はラブライブのファイナルライヴのライブビューイングに行ってきたので、終わってしまうことの切なさと、これまでの感謝と沢山の素晴らしいことで胸がいっぱいなのです…
ある意味こんな最高のライヴって他にはないだろうとも思えるし、でももうこの先はないんだと思うと…
えみつんが昨日話していたように、高校生活という限られたなかで精一杯頑張ることを体現するという意味で、やり切ることがゴールと思っているって、私も素晴らしいことだと思います。
思うけど、辛い…

ネオロマは終わりがないジャンルなのでそれはとても恵まれていることだなぁと思います。




「ネオロマンス・フェスタ 遙か祭2016」
スポンサーサイト

Category - イベント ネオロマ

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。