Welcome to my blog

椿の小部屋(つばきのこべや)

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

梓を迎えに行きたいダリウス その4 遙か6CD感想

DA19 (2)
DA19 (1)
現状ぐるぐる巻き。
こうやってマント(仮)をつけてみるとドラキュラ伯爵みたいなシルエットですね。
色々直したいところあり過ぎるので、まだまだかかりそうですー…。
画像とにらめっこしながら直し入れるので、時々写真に撮ってバランス見るのとても大事だと思います。





やっと遙か6のデュエットCD聴きました。
ドラマは各ペア10分程度でちょうどいい長さでした。

有馬村雨のドラマは例の村雨さんのあのイベントの少し前くらいの時間軸で、
なんだか村雨が有馬ロックオンするんだけど、有馬は平和と梓のことしか考えてないみたいな内容。
秋兵九段はデート相談みたいな物理的に甘ったるい話(甘味)。
ダリウスルードは梓に出会う前の物語の始まりの部分で、ルードがダリウス様凄い素晴らしいっていう内容。
コハク虎は花火のイベントのパラレル的なやつで和みました。

どれもそんなに気負って聞く感じじゃないドラマでした。
キャラソンもこれを受けたような曲になっているみたいで、
有馬村雨は真秀呂場(平和な場所)目指してて、
秋兵九段はスイーツで、
ダリウスルードは遙か6の物語のはじまりって感じで、
コハク虎は祭りでした。

ダリルーのキャラソンはイベントで聞いたときにも思ったけど、曲調がいままでの遙かキャラソンにはあんまりない感じで新しいですね。羽つき扇子持って踊りたい。
どの曲もカラオケで誰かと歌ったら楽しそうですw
スポンサーサイト

Category - カスタム関連 遙か

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。