Welcome to my blog

椿の小部屋(つばきのこべや)

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

遙かに想いを馳せつつ梅雨の京都を巡る

今回は短期滞在だったので鞍馬山だけ行って来ました!
少し遠いし登山だと聞いていたのでどうかな~と思ったけど、やっぱり遙か3的には一度行ってみたかったので思い切って行ってみました。
おひとり様登山ですw

京都1706 (17)
京阪「出町柳駅」から叡山鉄道「鞍馬駅」まで30分
小さな登山電車なので土日だと1本見送らないと座れないけど、行きはそんなにしんどくはなかったですね。
帰りは座りたかったな…(理由は後程)
しかしここまで徒歩で来ていた昔の人は凄い…望美の足もさぞパンパンに浮腫んだことだろうな~w
京都1706 (18)
京都1706 (19)
凄く良い感じの駅だった
京都1706 (20)
京都1706 (21)
鞍馬駅のすぐ近くの多聞堂の牛若餅をひとつ買って食べてみました
好みがあると思うけど私はとても好きな味だったからペロッと食べてしまった。
もっと買えば良かったな
多聞堂

京都1706 (22)
京都1706 (23)
京都1706 (24)
京都1706 (26)
京都1706 (25)
鞍馬寺はそんなに混雑していないし、とても見晴らしが良くて清々しい気持ちになれるのでゆっくり出来ました
天気も良くて…いや良すぎて日焼けがやばかったです。
京都の日差しは結構強いように感じるので日焼け止めは強いやつにしたほうがいいかも知れない。
ここから先売店とか販売機とかはないのでちゃんと準備してから登山に入った方がいいです。
では、いつものように御朱印を頂いて貴船に向かいます

京都1706 (29)
ずっとこんな道が続きます・・・
京都1706 (27)
京都1706 (28)
途中からこんな感じに…これは道なのか?
九郎が修行したんだなと思いながら登るけど本当に修行でした。足腰がとても辛くなってきた…
京都1706 (31)
京都1706 (30)
九郎は7歳から10年間この地で修行したと言われているので、子供にはさぞ辛い環境だったんじゃないかと思います。
京都1706 (1)
御魂が戻ったといわれて供養されているお堂
京都1706 (2)
京都1706 (3)
この延々と続く下りが辛くて人生で初めて膝が痛くなるw
京都1706 (4)
ゴール!!
鞍馬寺から貴船までは1時間の登山でした。
夏の登山はハードだった…

京都1706 (5)
京都1706 (6)
貴船神社は人がとても多くて、この例の階段もインスタやってるっぽい人たちがめちゃめちゃ自撮りしてた
(合間を盗んでやっと撮れた)
もうなんか足が痛すぎるから帰りたくなって来たけど一応お参りはしなきゃと思って登る
京都1706 (11)
もう奥まで行く気力はなかった…
京都1706 (10)
本堂のお参りは行列してた
あと水おみくじっていうのがとても人気があったみたいだった。
京都1706 (9)
夏越のお祓いの人型納めて来ました
京都1706 (8)
可愛い
京都1706 (12)
初めてちゃんとした川床を見ました
本当に涼しそうで良い感じだった。
夜は蛍が見れたり、アユを釣ったり出来るみたいでした。

駅まで30分くらい歩いて、また叡山電車に乗って帰宅
10時くらいの電車に乗ってから帰りの電車を降りたのが15時くらいだったので、5時間くらいの鞍馬観光でした。
楽しかったけど非常に疲れた・・・w


鞍馬山入山費 ¥300
鞍馬山ケーブル ¥200(3分くらいの短いもの)
各御朱印 ¥300
牛若餅 ¥120
夏越人型 ¥200
叡山鉄道 ¥420(片道)


京都駅で京都タワーに寄りました
京都1706 (13)
京都1706 (14)
一度食べてみたかったマールブランシュの生茶アイスバー!
抹茶のエスプーマにつけて食べるという珍しいアイスです。
そんなに甘くはないしとても小さいサイズなので食べやすいかな。
京都1706 (15)
京都1706 (16)
マールブラシュで買ったチョコレート
チョコレートだけどなんだか落雁のような干菓子のような不思議な食感。
そしてほとんど甘さがない。大人の食べ物ですね。

生茶アイスバー ¥250
ほろほろ侘古礼糖 ¥756
マールブランシュ


多分夏の間にまた行くことになりそうだけど、暑いから観光は辛そうです(^^;)
スポンサーサイト

Category - ネオロマ聖地巡り

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。